よくある質問

何から始めればいいか

分からない方

家づくり全般

について

設計事務所

について


何から始めればいいかわからない方


Q 家をつくるのになにから始めたらいいですか?

A まだ土地を購入されていない場合はまずメールかお電話でご相談していただければとおもいます。

 

    多くのお施主様は家づくりをしようとするとまず不動産屋さんにいき、土地を購入しなきゃと思われるよう   です。 かおおくの土地は更地の状態でみると欠点ばかり気になるものです。

   髙木設計事務所では土地を購入される前から、その土地にどのような住宅が建つかをご提案し、

   納得してから 土地購入できるようなサポートをしています。


Q 設計事務所は奇抜な建物を設計されませんか?

A 設計事務所によりますが、髙木設計事務所ではお施主様の要望を問診して妄想を

   形にするようにしているのでそのようなことはありません。

 

   お施主様の言葉にあらわせない要望や、イメージを打ち合わせやヒアリングをとおして読み取り

   ご提案していきます。
 


Q 家が完成するまでのどれくらいかかりますか?

A 一般的な住宅の場合最初の面談から1年で引き渡しになることがおおいです。

 

   基本設計2ヶ月、実施設計3ヶ月 見積り調整、確認申請2ヶ月、建築工事5ヶ月です。
 


Q 設計料はいくらですか?

A 工事費の10%を設計料として、同じく2%程度を構造関係の費用としていただいています。


    最低設計料は150万円です。交通費、確認申請費用などは別途いただいています。


Q 打ち合わせの頻度はどのくらいですか?

A 最初の面談後一回目のご提案までに3週間ほどいただいています。

 

   そのご提案が気に入っていただけた場合、基本設計、実施設計にはいりますが2週間に1回のペースで

   約5ヶ月、計10回の打ち合わせですべて決定する場合が多いです。


Q 家具なども設計できますか?

A 今までに設計させていただいた住宅のほとんどで家具も一緒にデザインさせていただいています。

 

    床の仕上や内部空間の雰囲気、お施主様のこだわりを加味してオリジナルの家具もデザンします。


Q 設計事務所に頼むと高くなるというイメージがあるのですが?

A 必ずしもそうではありません。

 

    ハウスメーカーのコストには広告宣伝費や人件費、モデルルームなどを運営するコストなど すべてが含まれ   たものです。ハウスメーカーの住宅は契約後、その地域の下請け専門の工務店に一括した受けさせて

   メーカー自らが工事をすることは一般にはありません。

   ハウスメーカーが下請け工務店に一括して請け負わせる金額は お客様との契約金額の6~7割程度というのが   相場です。実際その工務店の利益も入っているので契約金額の半分ほどの材料や使用で

   住宅は建てられています。一方設計事務所の場合設計監理料が工事費の10%~15%かかりますが、

   以上のことをトータルで考えた場合設計事務所 で設計した場合のほうができあがった住宅の質という点では   上だと考えています。ただすべての方が設計事務所で設計することが幸せだというわけではないので、

   上記のことをふまえて検討されることをおすすめします。


Q 家づくりで大切なことはなんですか?

A さあ、家をつくろうとおもっていろいろな雑誌を調べたり家族で会議を開いたりして

   色々な要望を集めることは最初の段階では大変重要です。しかし一番重要なのは

  「その家でどんな暮らしをおくりたいか?」という住宅の コンセプトだとおもっています。

 

   多くのお施主様は人生で最初の家作りのため、あれもやりたい、これもやりたいとなりがちです。

   しかしその要望をすべてとりいれてつくられた住宅に、その方は決して満足しません。

   これはよくお施主様に最初にお話しすることですが、家作りを弁当作りに例えると、

   すばらしい家というのは幕の内弁当ではなく、お施主様のこだわりのハンバーグ弁当をめざすべきだと

   おもっています。幕の内弁当はいろいろな料理がはいってますが、

   どれひとつとしてその一品で満足できるものではありません。住宅の場合もどうように、

   あれもこれもではなく、お施主様のこだわりの暮らし方や雰囲気を骨格のコンセプトとして

   つくられるとその人にあった、素敵な住宅ができるはずだと考えています。